全国のジャズ愛好家にも知れ渡る 野々市市発信のJAZZイベントです

BIG APPLE in NONOICHI

2007/6/24 10:00AM

Keith Loftis キース・ロフティス (サキソホーン)

アフロ・アメリカンの伝統と誇りを21世紀に伝える注目の俊英


キース・ロフティス 1971年2月8日テキサス州ダラス生まれ。
10才よりアルトサックスを始め、早くからジョン・コルトレーンを徹底的に聴き、そして勉強した。
中学生の時に、テナーサックスに転向し、音楽の名門ArtsMgret高校に進みジャズ、クラシックの両方を学んだ。
その後、ウエザーフォード・カレッジでデューク・エリントンとカウント・ベイシーを専門に学んだ。

大学時代に彼自身のスタイルを身に付け、その後Aivin・Batiste(クラリネット奏者)に師事した。
1995年NYに移りニュースクールのジャズ科で学び、1997年、学位を取得し、そのままブルックリンに住む。
この頃、ベニー・カーター、クラーク・テリー、ジョー・ウイリアムズといった巨匠と演奏する機会を得、又、ロイ・ハーグローブ、クリスチャン・マクブライドといった、若手スターとも共演を重ねた。
現在、フランク・フォスターのラウド・マイノリティー・ビックバンドのメンバーとして、 又、最近はレイ・チャールズバンドの一員として、アジアツアーを行った。
ジャズのジャイアント達が残した偉大な伝統をしっかり受け継ぎ、その上に彼自身の豊かな、そして新しいアイデアで独自のサウンドを創り上げ、これからのジャズ界を代表する一人となることは間違いない。

  • […] ■講師/キース・ロフティス(ts)■場所/大ホール […]

  • […] ベニー・グリーン(ピアノ) ケニヤッタ・ビーズリー(トランペット) キース・ロフティス(テナーサックス) ウゴナ・オケグオ(ベース) ジョー・ストラッサー(ドラムス) […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    icon_f icon_t