全国のジャズ愛好家にも知れ渡る 野々市市発信のJAZZイベントです

BIG APPLE in NONOICHI

2013/7/14 14:34PM

ルイス・ナッシュ(Lewis Nash)

Lewis Nash(ルイス・ナッシュ)
ドラム

まさにドラマーになる為に生れてきたという形容がふさわしい、文字通りリズムの申し子として現代ジャズシーンの最高峰に君臨する。

1958年アリゾナ州フェニックス生まれ。10歳よりドラムをはじめ、18歳で地元のジャズグループで演奏を始める。その評判はたちまちのうちに広がり、ソニー・スティット、アート・ペッパー、リー・コニッツ、スライド・ハンプトン、レッド・ガーランドらの巨匠とフェニックス時代に共演。
 1981年、ニューヨークに移り、偉大なジャズ・ヴォーカリスト、ベティー・カーターのトリオに参加し、4年間活躍した。その間に発表された「Look What I Got」はグラミー賞を獲得している。
 1984年、ジャズ・ジャイアント、ロン・カーターのグループに参加してキャリアの幅は広がり、1986年から2年間、ブランフォード・マルサリスのカルテットに在籍し、その間グラミー賞受賞の「Randm Abstract」にも参加した。1988年、JJジョンソン、1989年ソニー・ロリンズ、スタン・ゲッツ、アート・ファーマー、クラーク・テリー、ミルト・ジャクソンと、ジャズ・ジャイアント達から立て続けに呼ばれ、充実した1年を過ごした。1990~2000年は、ピアノトリオの最高峰、トミー・フラナガン・トリオで活動。この間にカーネギーホールジャズバンド、リンカーンセンタージャズオーケストラに加わり、新旧のジャズの巨匠達と精力的に活動し、レコーディングはゆうに300枚を超える。

  • […]  プロフィールはこちら ルイス・ナッシュ – ドラム     プロフィールはこちら  ドナルド・ベガ —- ピアノ       […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    icon_f icon_t